将来的に買取も可能な酸素カプセルのリース

今話題の酸素カプセルを自宅でも行いたいと感じている人は非常に多いのですが、どのような方法で取り入れたら良いのかが分からないというケースもあるようです。

自宅で取り入れる方法として最初に思い浮かぶのが購入ですが、酸素カプセルの機械はとても高額で300万円から500万円が相場だといわれてますので、よほど重要な目的で利用するのでなければ現実的な選択ではありません。一度購入してしまうと新型などが出た時に気軽に取り替えられないのもネックです。現実的な選択としてはリースかレンタルになります。

どちらも便利ではありますが、ごく短期間の使用を考えているケース以外はリースの方が適しています。レンタルは数ヶ月単位で借りたい時におすすめの方法ではありますが、契約期間が満了したら返却しなければなりません。期間が長い場合であっても最終的に買い取れるようなオプションはついておらず、ただひたすら借りているという状況になります。リースの場合には2年などの期間で酸素カプセルを借りて、リース期間が終了したらそのまま買い取ることが可能です。

使ってみて気に入ったのでそのまま使い続けたいと考えることは多いので、最終的に買い取れるというのは非常に大きなポイントです。契約の形としては途中解約が無効となっていて、ローンを支払っているようなイメージに近くなります。期間を終えて新たな機械を試したくなったら取り替えてもらうことも可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *