酸素カプセルをリース契約するメリット

お店や自宅に酸素カプセルを導入しようと考えた時に、気になるのが価格です。

高額な買い物になってしまうので、欲しくても実際に購入するかどうかを迷ってしまいます。いざ購入しようしても、業者や種類によって多少違いますが、新品だと安くても200万円前後しますし、高いものだと400万円以上するものもあります。しかも購入した場合、メンテナンスをきちんとしないと故障した時に高額な修理代がかかってしまいます。そんな時は、購入せずにリース契約するとメリットも沢山あるのでおすすめです。

では具体的にどのようなメリットがあるのかというと、まずは実際に購入したりレンタルするよりも安く導入する事が出来るという点です。もちろんレンタルはいつでも好きな時に契約を解約する事が出来ます。リースだと契約の途中で解約する事が出来ませんが、新しい酸素カプセルの機種が発売されたら、途中でその機種に変更してもらう事も出来るというのは非常に大きなメリットです。その為、レンタルから途中でリース契約に変更する人も増えています。

しかもレンタルの場合は、一般的に契約期間が終了すれば当たり前ですが酸素カプセルを返却しなければなりません。一方リース契約であれば、例えば2年契約をした場合、期間が終了した時に、今後も必要だと感じた場合酸素カプセルを買い取る事も出来ます。実際に最初から酸素カプセルを購入した場合は、減価償却になってしまいますが、リース契約であれば、お店の場合は毎月支払う料金を必要経費として計上する事も出来るので、その結果税金面でもかなり大きなメリットになるのでおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *