個人で酸素カプセルのレンタルを検討する時のポイント

体に酸素が不足するとなかなか疲労が回復しないばかりか、脳の活動も鈍って動作が遅くなったり判断を誤ったりすることが多くなるなどいいことがありません。

不足した酸素を補うためには専用の装置を利用する必要がありますが、美容クリニックやエステにスポーツジムあるいは整体院などにわざわざ出向いて利用することは大変です。装置を購入しようとすると高額ですが、酸素カプセルはレンタルすることができるようになっています。施設やお店はもとより、個人宅でも利用ができるタイプがあります。時間の都合をなかなかつけられず通えない、できる限り費用を抑えたい人は自宅への導入を検討してみましょう。

体に適切な気圧は1.3ほどですが、初めての人はそれよりも低い気圧からはじめ、慣れてから1、3気圧にしたほうがいい場合もあります。このため、1.1気圧から1.3気圧まで簡単に切り替えができるタイプの酸素カプセルのレンタルするとよいでしょう。1回におよそ30分から40分ほど利用することになり、使用している途中で体調不良になった時にはすぐに停止させることができる安全装置や、緊急排気装置が備わっているとより安心です。

個人で導入する場合は契約期間をよく確認することが大事で、酸素カプセルをレンタルするのに年単位でしか契約できないところが多くなっているからです。飽きやすく1か月程度しか利用しなかった場合、年単位で契約していると損してしまうことがあります。月単位で利用できるところを探すか、まずはお試し利用ができてよければそのまま契約して使い続けることができるようなサービスを利用すれば、損せずにすむでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *