酸素カプセルのリース契約をするメリット

それ自体は大変高価な酸素カプセルであるため、実際の購入しようと思うとかなりの金額を支払わなければなりません。

しかし、リース契約にするなら比較的安価に導入することができるのです。それで、導入に際して初期投資額を少しでも抑えたいと思う場合には、購入やレンタルではなくリース契約にするのがお勧めであると言われています。

もちろん、基本的に途中で解約することはできないという仕組みになっていることが多いため、実際に酸素カプセルを導入して使いたいと思う期間がどれほどの長さになるのかをしっかり検討した上で契約することができます。また酸素カプセルをリースで利用することには、その期間が終了した後に再度契約することもできますし、買い取ることもできるというメリットがあります。しかもレンタルの場合のように短期間ではなく、年単位で借りることになります。そのため五年といった長期にわたり借りることも可能であるため、一旦契約して導入したらその期間が終了するまではしっかりと使用できるというわけです。

さらに酸素カプセルをリース契約して使用することには、税金面でのメリットもあると言えます。自分で酸素カプセルを購入しようとすると減価償却となってしまいますが、リース契約の場合なら毎月の経費として計上できるからです。このように全て経費として認められることになるため、節税対策に繋がり税金面でも大変大きなメリットになるというわけです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です